バイオプレポリマー®

バイオプレポリマー®

ホーム  > バイオプレポリマー®

製品データダウンロード 大榮産業株式会社

バイオプレポリマー® とは

バイオプレポリマーバイオプレポリマー® は環境対応型の熱硬化樹脂です。バイオマス成分を含み、使用形態により、水系、バルク、粉体の中から製品をお選びいただけます。また、硬化反応にホルムアルデヒドを使用していないことが製品の最大の特長です。

製品紹介

バイオプレポリマー® DBP2301

BioPrepolymer® DBP2301

性状

淡黄白色 粉体

硬化温度

210℃~

特長

ウレタン硬化型の熱硬化性ポリマーで、ポットライフの長い製品です。耐熱性を要する吸音材などの硬化に最適です。

※製品の仕様に変更がある場合がございますので、詳細は別途お問い合わせください。


バイオプレポリマー® 1551

BioPrepolymer® 1551

(開発品)

性状

バルク

硬化温度

150℃~

特長

ローコストな熱硬化性フラン樹脂で、比較的低い温度域で硬化します。バイオマス含有率の高い製品で、生産タクトの短縮に貢献します。

この製品は既存化学物質です。

製品情報

日本語

English

Korean

※製品の仕様に変更がある場合がございますので、詳細は別途お問い合わせください。


バイオプレポリマー® 1881

BioPrepolymer® 1881

(開発品)

性状

水系

硬化温度

180℃~

特長

ローコストな水系の熱硬化型フラン樹脂です。木質系ボードや、ガラス繊維などの硬化に適しています。また、水で自由に希釈してご使用いただけますので、塗工性に大変優れています。

この製品は既存化学物質です。

製品情報

日本語

English

Korean

※製品の仕様に変更がある場合がございますので、詳細は別途お問い合わせください。


バイオプレポリマー® DBP2301の硬化物の特長

ホルムアルデヒドフリー

硬化物からホルムアルデヒドの放散は無く、自動車内装部品等に使用可能です。

ホルムアルデヒドフリー

自己消火性

耐熱温度以上で炭化および分解します(一部製品を除く)。

自己消火性

耐アルカリ性

フェノール樹脂に比べ耐アルカリに優れます(一部製品を除く)。
耐アルカリ性

バイオプレポリマー® DBP2301の使用例

粗毛フェルト
+
レジン(中温硬化型)
※基礎開発品
熱圧成型・加工
(硬化温度以上にて熱プレス)
成型・加工完成
耐熱繊維
+
レジン(高温硬化型)
熱圧成型・加工
(硬化温度以上にて熱プレス)
成型・加工完成

ログインはこちら
Click here to login